当たり前が当たり前じゃなくなった日

ニューカレドニアから、こんばんは。

 

 

 

今日は、久しぶりにゴミ収集車が来ました。

普通は火曜と金曜の週2回ですが、きてくれて助かりました。

10日に来て以来ですね。

 

ここでは車輪のついた大きなゴミ箱に入れて、ごみ収集日に路肩に出しておくので、カラスなどの心配はいりません。

道路の片付けが進んでいるということです。

 

 

ここに滞在していた観光客の皆さんが、無事に出国できてほっとしたのですが。

逆にニューカレドニア領外で足止めされて、戻って来れない方達の帰国はまだ進んでいません。

うちの隣人の娘さんもそう。

オークランドでもう2週間だそうです。

危険な地区にいるわけではないので、そんなに心配していないとお父さんはいうものの。

金銭的な問題があるので、ハラハラしていると。

でしょうね。

 

エアカランは6月2日までキャンセルです。

いつ彼女は戻ってくるのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

散歩がてら、近くのスーパーに出かけてきました。

今日はまた気温が低かったので、体を温めたかったのです。

 

 

 

いくつかの住民による防衛のためのバリケードはそのままです。

 

 

 

 

 

今日はスーパーの人数制限もなく、すんなり入ることができました。

 

やはり品不足です。

ドリンク用の冷蔵庫も空。

 

 

 

コーヒーとか紅茶の棚も寂しい。

 

 

 

 

そしてこんな貼り紙が。

 

 

砂糖1パック

粉末マッシュポテト1パック

カップラーメン1個

ヤムヤムラーメン4個

ミゴレン蒸し焼きそば4個

 

 

 

 

丸ごと冷凍チキン1つ

冷凍フライドポテト1袋

冷凍インゲン1袋

冷凍チキンソーセージ2パック

冷凍チキン胸肉骨つき1パック

冷凍チキン手羽元1パック

 

 

今のところの購入制限です。

これでも少しづつ改善しています。

ありがたいことです。

 

 

 

倉庫担当の人たち。

荷下ろしをしてくれる人たち。

お店のスタッフたち。

運んでくれるトラックに関係する人たち。

道路の片付けに従事してくれている人たち。

 

色々な人たちが影で支えてくれているからですね。

ありがたいです。

 

 

こういうことが起きると、今までが恵まれていたのだな。としみじみ思います。

 

お店に行けば欲しいものが買える。

これすら贅沢なことだったんだということに。

 

 

家を燃やされた人たちもいます。

この寒いのに、どうしているのでしょう。

本当に気の毒です。

 

 

 

自分はまだ家があって、雨風を凌げて、食料もどうにかある。

しかも家族は無事。

 

文句を言ったらバチが当たります。

 

 

昨夜は静かでした。

ニューカレドニアから、こんばんは。

 

 

緊急事態宣言が今朝5時に解除になりました。

でも引き続き、夜間外出禁止令は残されたままです。

また武器の販売や輸送、アルコールの販売も引き続き禁止になっています。

 

 

緊急事態宣言の期限が切れたことで、独立派がまた何かやらかすかと思っていましたが、比較的平和な夜でした。

昨夜燃やされたところなどは、報告が上がってきていないようです。

 

 

 

今朝、主人がタバコが切れたというので、近くのガソリンスタンドに出かけてきました。

 

本音としては、あまりにも高いので辞めてもらえたら。と思うのですが、、それによって彼が穏やかにいられるのなら。とある程度は諦めています。

これ以上機嫌が悪い彼に八つ当たりをされるのも嫌ですから。

値段が上がったから辞める。のであれば、もうとっくに辞めているはずですしね。

20本入りのタバコ1箱、2500円ほどなのです。

 

 

 

ガソリンスタンドの売店をも覗いてみたら。

なんと、ドラのカリカリがあるじゃないですか。

しかも、メーカーもドラが愛用しているもの。

 

こんなところに残っていたとは。

灯台下暗しです。

 

 

 

早速マシンの中に入れて。

予備にとポットに入れていたら。

もちろん、彼女はやってきました!

 

ようやくでしたね。

これで一安心です。

 

 

 

 

うちの近くもまだまだ独立過激派によって道路が塞がれています。

 

 

店を放火されていないだけまだマシかもしれません。

 

 

主人の同業のトラックドライバーが、幹線道路の障害物の撤去に伴い、ショベルと組んで本人のトラックで廃棄場へ運んだそうです。

そうしたら、次の日には、なんと。

彼の家と彼のトラックが放火されたんだそうです。。。

 

邪魔をすると痛い目にあう。という警告なのでしょうか。。

これで、撤去を手伝う会社もドライバーもいなくなってしまったとか。

撤去作業も進まないはずです。

 

それでも昨日は、170以上の粗大ゴミや燃えた車の撤去が行われました。

障害物を取り除いても、道路の上で何か燃した場合は、道路の修繕をしないといけないでしょう。

まだ先は長いです。

 

 

 

 

ようやく日本から取材の依頼も。

友人たちからの安否の確認も。

落ち着きました。

ついでに旅行の問い合わせも、、すっかり落ち着いてしまいました。

これには困った!です。

 

この島の経済を回すためにも、観光業は重要です。

 

 

 

そんなことがあったね。と笑って言える日は来るのでしょうか。

 

 

 

明朝、解除されます。

ニューカレドニアから、こんばんは。

 

 

フランスのマクロン大統領は、明日の朝5時までで、ニューカレドニア全土に発令していた緊急事態宣言を延長せずにそのまま終了させると発表しました。

非常事態宣言は15日にかけられ、12日間でした。

 

確かに、ここニューカレドニアの経済は完全に止まっています。

でも独立派は、非常事態宣言の延長を希望しています。

 

 

復旧をしていくなら、、まず一歩を踏み出すことが重要なのでしょうね。

 

 

 

 

 

 

ヌメア中心部には少なからず物流が復活しているというので、買い物に出かけてきました。

近所から出るのは何日ぶり。。でしょうか。

 

 

やはり出てみて、びっくりですね。

話には聞いていたし、ニュースでも見たけれど、ここまでとは思わなかったです。

 

 

車窓から撮った写真が多いですが、状況がわかると思います。

 

 

高速道路にこんな、障害物があったり。

 

ポルシェの事務所。

 

確か、ここは水回り関係のものを販売していたような。

 

スズキの新車の駐車場だったところ。

 

BMWは大きく被害はないみたいだけど。。

 

モンドールというミネラルウオーターの会社の倉庫も。

 

ボート会社も無惨です。

 

ここのガソリンスタンドは、強盗に入られ、ATMも壊され。

最後に放火。

 

SLN(ニッケル工場)手前の地区も、ブロックされています。

 

住民たちによる、バリケード

 

フランス軍機。

 

 

今日出向いたお店は、15分ほど待たされただけで。

色々と買い物ができました。

わざわざ出てきた甲斐がありました。

 

とりあえず、ほっ。

 

 

でも、やはり規制も多くて。

お米は1人2キロまで。

冷凍チキンは1人2個まで。

ラーメンは1家族20個まで。とかとか。

 

完全に復活したわけではないから。。

これは仕方ありません。

 

それでも、このお店は卵があっただけマシかな。

牛乳はなかったけど。。

 

これで、しばらく持ちそうです。

 

 

 

今、営業しているほとんどの店は駐車場を開放していないのです。

それが渋滞を呼んだりしていましたが。

非常事態宣言が明日開けて。

営業を再開するお店やレストランも増えるでしょう。

 

 

少しづつ少しづつ。

できることから少しづつ。

 

時間はかかるでしょうけどね。

 

今日は母の日。

ニューカレドニアから、こんばんは。

 

今朝は4時前にお腹が空いて目が覚めました💦

 

 

 

 

本日5月26日は、ここでの母の日です。

毎年この時期少し前になると、家電製品のセールが始まります。

掃除機、洗濯機、食器洗浄機。。

 

お母さんが毎日使うもの。ですね。

もちろん、アクセサリーやケーキ、お花なども人気です。

 

そして、お母さんであろう人に、いい1日になりますように。って言い合うのです。

 

 

 

でも、今年は。

言わずもがな、暴動中です。

セールなんてできる状況ではありません。

 

 

 

 

今朝、うちの近くのパン屋さんが営業しているというので、買いに出かけてきました。

 

 

 

 

30人くらい並んでいたでしょうか。

15分ほど待って購入。

 

 

 

1人3本まで。です。

小麦粉も貴重ですから。

 

 

 

 

その後に、住宅地の中にある小さなお店が開いているので入ってみたら。

パテが残ってました。

 

大きな店は在庫不足が続いているのに、、、ラッキーでしたね。

 

 

 

でも、お米や小麦粉、卵に牛乳などは売り切れ。でした。

 

 

 

戻って、それでブランチ。

しっかり食べました。

このところきちんと食べることできてなくて。

だからお腹がびっくりしてました。

 

こんな1日です。

 

 

 

 

 

そして午後には、主人の友人が遊びにきてました。

大体20キロくらい離れているところに住んでいる彼。

バリケードをくぐりながら、きてくれた彼。

 

でもここに来る途中、悲惨な状況を目にして、悲しくなったと。

この先が不安だと言って。

泣き出したのには、、びっくりしました。

 

 

その気持ちは痛いほどわかります。

いつも見ていた風景が、、焼け野原になっているのですから。

 

 

 

 

そんな中。

ニューカレドニア選挙制度の改正案について、ニューカレドニアを含むフランス国内で国民投票をしたらどうか。とマクロン大統領が提案しているようです。

 

 

でも、この投票で過半数多数で可決したら。

また同じような暴動が起きるのでしょうか。

それを恐れて、国民はNOという投票をする可能性が高いと思うのです。

 

 

 

 

そして、トントゥータ国際空港の閉鎖を6月2日日曜まで延期することが決まりました。

 

ヌメアから国際空港までのたくさんのバリケードを撤去しても、そのすぐそばから組み立てられる。といういたちごっこが起きているからです。

 

 

 

 

こんな夕景を見ると、いつもと何も変わらない日曜に思えます。

 

来週は。

少しは穏やかな時間が流れるでしょうか。

 

 

 

まだ爆発音が聞こえてきます。

ニューカレドニアから、こんばんは。

 

 

暴動もほとんど解決しないまま、また週末。

 

あまりにも多い放火件数に、ニュース番組でさえも数を表示するのを止めてしまいました。

 

マクロン大統領は、今回の訪問中に、選挙制度改正案の可決を取り下げることはしませんでした。

確かに取り下げてしまったら、暴力に負けたことになるからでしょう。

大統領の判断が、悪い前例になるから、、難しいです。

 

 

 

 

今日は良い天気でした。

午後に怪しい雲がかかって雨が降るかなと思いましたが、大丈夫でしたね。

 

でも気温がどんどん低くなっています。

日中でも20度行くか行かないか。

日が暮れたら、8度くらいまで下がる時間帯があります。

 

 

 

 

 

昨日から、国内線が再開しているようです。

うちの上空をエアカレドニーの飛行機が飛んできてました。

全ての離島ではないみたいですが、少しづつですね。

 

 

それでも、今も花火の音のような爆発音が聞こえてきます。

昨夜は放火された民家もあったようです。

 

 

 

 

元々の原住民、カナックと言われる人種。

今や、純粋な原住民は貴重です。

異人種間で子供を儲けたりしているからです。

 

 

ニューカレドニアの住民は色々な人種が混じっています。

ちなみに、独立派のトップも、先住民でもないバヌアツ系の人なのです。

原住民の人たちが全て独立派かというとそうでもないし、フランス人が全て独立反対派かというとそうでもないでしょう。

人種や皮膚の色だけで判断するのはおかしいということです。

 

大人がこんな差別をしたら、きっと子供たちに伝染します。

子供たちが学校で差別をしたら。。

色々な人種が集まっているこの社会が成り立たなくなってくるのです。

 

 

人間は生まれてくる時に、皮膚の色だとか人種を選べるわけではありません。

同じ親から生まれても、皮膚の色が違うケースだってあります。

 

 

悪いことはフランスのせい。

良いことは自分のおかげ。

フランスだって堪忍袋の緒が切れる日が来るかもしれません。

その時に後悔しても、、遅いのです。

 

 

18時間で戻っちゃいました。。

ニューカレドニアから、こんばんは。

 

暴動が始まったのが13日月曜の夜。

それから11日目になります。

 

非常事態宣言が15日水曜の夜に発令されて。

12日間なので、まだ解除になっておりません。

 

 

昨日は、フランスからマクロン大統領がやってきました。

昨日の朝から色々な人たちと意見交換をしたり、ヘリコプターで暴動により変わり果てた街を見て回ったそうです。

 

予定では今日も。でしたが、深夜ニューカレドニアを離れたそうです。

約18時間の滞在でした。

 

 

大統領がここにきて、演説して選挙制度改正案の可決を取り下げるのだろうと思っていました。

取り下げたらこの暴動が収まりをみせるだろうと思ったからです。

 

でも、それはせず。

お互い、話し合いが必要だ。というだけ。

 

大統領となれば、過密スケジュールでしょう。

その合間を縫って移動時間も長いここニューカレドニアに来てくれたのは、とても評価ができることだと思います。

蔑ろにしていないということを示すことができたのでしょう。

でもどうせなら、もう少し具体的な案などを提示するなり、、して欲しかったですね。

 

 

 

そして、今日は、来週いっぱいも学校が休校になることが発表になりました。

でも、6月3日からは2週間の学校休暇が始まります。

ということで、学校の再開は早くて6月17日になりそうです。

 

 

同じくして、国際空港の閉鎖も、28日の火曜までさらに延期になりました。

今回の騒動で2週間閉鎖となるわけです。

 

観光客のほとんどは、オーストラリアやニュージーランドへチャーター飛行機で避難ができているようです。

その逆に、ニューカレドニアの住民も、領外で足止めを食らっています。

この分に関してはまだ何も決まっていません。

 

 

 

 

 

今回はフランスからの独立支持の中での少数の過激派が起こした放火から始まっている騒動です。

街を行くと、独立賛成派が大通りで道を塞いでいます。

もちろん、独立賛成派の全ての人たちがこんな騒動に関わっているわけではないのです。

 

 

でも、家を守りたい、家族を守りたい気持ちは、皆同じ。

今は、賛成派も反対派も垣根を外して、この騒動を収めるように行動をするべきなのだろうと思うのです。

 

 

 

 

 

 

昨日、主人と息子は、家の前に迷惑駐車が多くて困るという近所の人に手を貸して、路肩に岩を運んであげたそうです。

そのお礼にって、今朝、こんなものをいただきました。

 

 

 

 

 

何かと思えば、パン生地です。

すでに発酵が始まっていて、、袋から飛び出ているどころか、縛った口からも出てき始めています。

なので、半分を冷凍庫に入れて、半分を焼くことに。

 

 

どんどん膨らんできている感じがします。

 

自分でパンを作ったこともありますが、、

こんなに発酵がうまくいったことがありません。

何が違うのだろう。。

 

 

早速、小さく丸めてオーブンへ。

45分くらい焼いたでしょうか。

ガスボトルの残りが気になって仕方がなかったのですが、ね。

(ガソリンスタンドなどで購入できるカスボトルはどこも売り切れ状態です)

 

 

うまく色がつかなかったけど、下が固くなりはじめてきたので、オーブンから取り出しました。

まあ卵を塗ったわけでもないですからね。

(卵もない!)

 

 

早速いくつか食べてみました。

しっかりとしていて、お腹に溜まる。

おいしかったです。

 

これにチーズやチョコを乗せて焼いたらもっとよかったな。

残りの半分はそうしましょうか。

 

主人も息子もパンが好きなので、こんなお礼は、、とても嬉しいですね。

 

 

 

 

 

この状況で誰もがストレスを抱えています。

この先の不安も、不足している食料のこと。

未だ外で何かが爆発する音がするし。。

 

 

私もなんだか体がだるい気がします。

今夜は早くに休もうと思っています。

 

いつの間にか木曜です。。

ニューカレドニアから、こんばんは。

 

今日は木曜ですね。

早くも。

1週間もいまいち何をやったのかで、過ぎてしまっている感じです。

 

今日はマクロン大統領がフランスから到着しました。

住民全てが歓迎しているわけではない。というのも事実です。

 

北部では、到着に抗議をして、住民たちにより道路が封鎖されています。

そうですね。

フランスの力を借りたくないと、自分たちで回避できると言っているわけですから、歓迎したくないのは当たり前です。

 

でも今現在、フランスからの援助がなければ、生きていけていない状態です。

 

 

 

 

今回の暴動で、いくつかの日本メディアから取材の依頼が入りました。

場所もいまいちだった知らなかったくらいのマイナーな島を、遠く離れた日本から取材するのは大変でしょう。

ニューカレドニア日本人を捕まえようとするのは、普通だと思います。

 

でも。

ここに住んでいる日本人は、ほとんどが観光業についています。

いいニューカレドニアのイメージを広めるためには、賛同したいと思っていますが、今回のような悲惨な状況を日本に流すのは躊躇するのです。

もちろん、自分たちにマイナスになりますからね。

 

 

その取材にしても、、無料です。

日本のメディアの人たちは会社から給料が出ているでしょう。

芸能人に群がるレポーターもカメラマンも、ボランティアでやっているわけではないでしょう。

 

でも今回、現場で取材するのは、、ここニューカレドニアに住む一般人です。

 

メッセージを打つのにも時間がかかります。

通話であったなら、しっかりと調べてからになります。

 

こんな状況で時間は有限ですよね。

少しでも謝礼として何かあればまた違うでしょう。

モチベーションも変わってくるでしょう。

 

 

なので私は、領事事務所なりに取材をしてもらうようにお願いしています。

自分が言ったことに、何か尾ひれがついて間違った方向に解釈されるのが困るからです。

昨今、twitterSNSなどにおけるインフルエンサーの影響力がどんどん強くなってきているからです。

 

 

情報は無料ではありません。

インフォメーションセンターのスタッフでもそれを仕事にしています。

スペシャリストとして、誇りを持って仕事をしているはずです。

 

 

 

それでも、断りきれなかったメディアと少し連絡を取り合いましたが。

 

間違った情報を流さないように細心の注意を払うこと。

風評被害を出さないように、復興の様子も伝えること。

そして、メッセージでのやりとりだけ了承しました。

メッセージなら、お互い証拠が残るからです。

 

 

 

 

今日出かけたお店。

棚が空っぽ。

 

 

いくらお店が営業していても、商品がなければ、行く意味もありません。

私が買いたい品物は、もちろん他の人も必要なものだからです。

 

 

 

 

ロータリーに壊れた車が通行を邪魔しています。

 

 

 

バリケードが残ったまま。

車は路肩を走ります。。

 

 

 

 

マクロン大統領はもう1日滞在します。

明日の午後にでも、何か発表があることでしょう。