若者の自殺が多いのは。

ニューカレドニアから、こんばんは。

 

 

今日は9月24日。

ニューカレドニアのナショナルデーです。

 

1853年の9月24日にフランス領と宣言されたからです。

ニューカレドニアがフランス領としてスタートした日。

 

この日は、通称カナック(ニューカレドニアの原住民)の日と言われますが、、逆に原住民からしてみたら、フランスの統治が始まった日でもあるので、喜んでいい日なのか、、わかりません。

それでも、自分たちのために祝日があるのは嬉しいようです。

 

あちこちでイベントが開催されるこの日。

スーパーなどもほとんどが閉まります。

 

 

 

 

今日はお昼前にぱらっと雨が降りましたが、それ以降は湿気がありながらも良い天気になりました。

雨にぬれて木々の緑がキラキラです。

 

そんな中で、桑の実が出てきました。

初めは緑というか白い実ですが。。

 

 

しばらくすると、赤になり、黒くなります。

 

 

しっかり黒くなれば、食べごろです。

黒くなると甘くなります。

 

 

 

 

猫のドラのエリザベスカラーを今日外しました。

お尻に傷を見つけて、医者に行ったらつけられたわけで。

 

mikomiko85.hatenablog.com

 

 

ドラからしてみたら、

変なところに連れて行かれて。

変なものつけさせられて。

邪魔で邪魔で仕方なくて。

動きが制限されるし。

 

ストレスだったでしょうね。

 

10日間。

私も?我慢しました。

 

 

 

外してから、30分以上。。毛繕い。。

 

 

ずっとやりたくてもできなかったことだったのでしょう。

カラーの内側を舐めていたくらい。

 

 

そして久しぶりに耳の掃除もしました!

カラーをかぶっているし、外に出ているわけでもないし、汚れていないだろう。と思ったけど。。。

いやいや真っ黒でした。

 

定期的にしてあげないとダメですね。

 

 

 

 

 

ニューカレドニアではここ数年、若者の自殺が増加しています。

 

子供たちの自殺の背景に、日本と同じくいじめの問題があります。

人種差別もまだ根強く残っていることから、大きく取り上げられていないものの、あるのです。

 

また、家庭の環境の変化に振り回される子供たち。

ここでの離婚率はとても高いです。

離婚した場合は、共同親権になるので、子供が交互に行ったり来たりすることになります。

そのことでストレスを抱えていたり。

 

 

 

 

子供たちがその死に直面した場合。

大人は真相を隠そうとしますよね。

 

 

なぜ死のうとしたのか。

何がそこまで追い詰めたのか。

 

 

子供たちは友達の死を受け入れるのに時間がかかるのです。

そして敏感です。

 

 

今まで普通に一緒の学校に通っていた子が、急に目の前からいなくなってしまったら。

 

もしかして、自分の言ったことが引き金になったのかもしれない。

 

罪悪感がつきまといます。

引きずります。

簡単に忘れることができません。

 

 

真実は闇の中ですもの。

 

 

 

大人たちは隠そうとしますが、隠してはいけないことだと思います。

そうでないと、子供たちは前に進めないから。

 

 

 

 

そして自殺未遂も多いです。

10〜18歳までの15.7%が1年以内に自殺を考えたことがあるという統計が出ています。

 

 

 

自殺まで追い詰められた人を説得することは難しいでしょう。

冷静にはなれていないから。

 

死にたいという気持ち。

わからないでもありません。

 

 

 

 

ニューカレドニアにもSOSの電話サービスがあります。

自分から話そうと考えているのなら、きっかけさえあれば前を向いて歩き出すことができるでしょう。

 

でも、問題は自分の殻に閉じこもってしまう子供たち。

 

 

 

なんでも聞いてくれるような友達、家族。

自分だけではないと思える安心感。

自分の居場所。

 

 

これが、必要なんだと思います。