出産は大仕事。

ニューカレドニアから、こんばんは。

 

 

今日は風が強い一日でした。

この時期は強い日が多いです。

 

ライチがマンゴが、花をつけた。と思ったこの時期に、強い風。。

多くが風に飛ばされてしまいます。

 

うちの家自体が平屋で、海風がそのままライチの木に当たってしまうので余計ですね。

 

 

 

 

ここでの日本人の友人が、そろそろ出産予定日ということで、週末にでも遊びに来ることになりそうです。

 

予定日までは1週間を切っているよう。

 

お産はいつから始まるのか、具体的にわかりませんからね。

しかも、どんな感じで始まるかも分からない。

陣痛からなのか、破水からなのか。

 

予定日はあくまで予定です。

 

こればかりは赤ちゃんの気持ちを汲んで?待つしかありません。

 

 

 

でも、、

周りからの、、、

 

そろそろじゃない?

 

という言葉が変にプレッシャーに。。。

 

 

 

周りは、悪気があって言っているわけではないこともわかってます。

赤ちゃんが生まれるってやはりおめでたいことだし。

 

 

私はなんだか、ものすご〜〜く焦りました。

勝手に焦ってたんですけどね(笑。

 

 

お腹を見て、臨月だとわかりますし。

産休で、仕事にも行かなくなれば余計、そろそろかな。と。

周りも変に気を使ったり。

 

 

難しいですね。

この距離感。

ありがたいからこそ。

 

 

だから、最後の1ヶ月間は、逆に楽しめなかった記憶があります。

 

 

それまで忙しくしていたから、産休に入って時間を持て余していたのもあったでしょう。

まだかまだか。という気持ちも自分の中であったし。

早く会いたかったのでしょうね。

 

 

でも、今から思うと、もったいないことをしたなと。

最後の妊婦生活をゆっくり過ごせばよかったのにと。

 

だって、生まれてしまえば、そこから休みが取れないのに。

 

 

そんな焦ることもなかったのです。

その気になったら、ちゃんと生まれてきます。

ママのお腹の中、居心地がいいから、ゆっくりになるのです。

 

そういうことです。

 

 

それでも、息子は予定日より2週間は早く生まれました。

 

 

 

そんなことを思い出しながら、彼女にあげるものを整理していたら。

 

肌着やパジャマや靴下。。

そのベビー服それぞれに思い出があります。

 

 

日本の友人が送ってきてくれたもの。

ヌメアの友人がくれたもの。

義父が買ってくれたもの。

 

 

 

そうそう、これこれ。

 

f:id:mikomiko85:20200827133258j:plain

童謡のCD2枚組。ずいぶん助けてもらいました!

 

 

おなじみの童謡がたくさん入っているCD。

日本語を覚えるなら、歌の方が入りやすいかな。と思って買ったもの。

 

 

寝る前には、大きなふるどけいを。

お約束でした。

 

今でも寝てくれるかしら??

まず無理でしょうね。

 

 

 

ともかく、出産は大仕事。

体力を本当に使います。

いくら無痛分娩でも。

 

私は帝王切開だったけど、それでも、キツかった。

 

 

 

だからこそ、出産前は気を楽に。

焦っても良いことは何もありません。

 

不安になることもあるでしょう。

でもそれが普通。

皆同じ。

 

 

初産なら何もわからないから不安。

2度目なら、考えすぎて不安になる。

 

 

だから。

英気を養ってから、のんびりと。

 

 

悩める新米ママたちが、少しでも気を楽に素敵なマタニティライフを送れますように。